どうも、りゅうけんです。

今回は、仮想通貨の背後にあるブロックチェーンの仕組みについて解説しようと思います。

2017年は仮想通貨の値上がりによってたくさんの億り人が生まれました。

ツイッター界隈では多くの億り人がポジショントークをしていたり、聞いたこともないような海外のベンチャー企業が「ICO」という資金調達方法を使ってWordの資料たった数枚で世界から何百億円も集めたりと、空前の仮想通貨バブルとなりました。

しかし、このバブルはほんの序章にすぎません。

まだ仮想通貨保有者は全人口の1%程度だそうです。そのうちあらゆる投資家達がしのぎを削ってマーケットに参入してくるので、「雰囲気だけで投資してる」の域で儲けられる程市場がほったらかしのままではないでしょうし、「ブロックチェーンを少し語れる」位でいた方がいいでしょう。

そんな富の源泉である仮想通貨の背後に存在するブロックチェーンとは、どんな仕掛けなのでしょうか?
ここでは、仮想通貨で人生逃げ切るために、ブロックチェーン(分散台帳技術)という概念を学んでおきましょう。

はじめに

「ブロックチェーン」と検索して調べると、ブロックチェーンについての解説が数え切れない程出てくるのですが、一回読んだだけで人に説明できる程簡単な仕組みではないでしょう。

初心者にとっては本買って専門家の解説とか読んでも、大体いまいちよく分からなくて退屈で、技術的にそれを想像するのが難しい部分もありますし、実際発信する人によって所々事実が歪められて表現されています。

また、いくらそれを知り尽くしている専門家が語っても「正論すぎて真面目過ぎるとよく分からない」というのもよくわかります。エンタメ性ゼロで専門用語ばかりのアカデミックな文章は本当に退屈ですからね。

ここでは、シンプルな言葉だけを使って簡単に解説していきます。

権力者に依存しないブロックチェーンとは?

さて、ブロックチェーンという概念が生まれたのは最初の仮想通貨ビットコインの誕生によるものでした。ではなぜ、ブロックチェーン、ビットコインが社会に必要とされたのでしょうか。

その背景では世界を代表する投資銀行が国民を食い物にして自分達で金儲けしていました。中央銀行という独裁者と金融ビジネスを独占する金融機関によってマネーはコントロールされていたわけです。それに対して国民達はカンカンに怒ってたんですね。

円という法定通貨の価値が安定している日本ではイメージがつきにくいかもしれませんが、海外ではいわゆる中央集権的な組織への疑問が募り募っていました。

そこで中央集権のマネーゲームに終止符を打とうと登場したのが、サトシ・ナカモト擁する「勇者ビットコイン」です。

このビットコインは、人々の金儲けのおもちゃの為ではなく、国家や銀行にお金の価値を左右されない通貨を作る為に世界の開発者や暗号オタク達をタイアップして創られたものなのです。

銀行がブロックチェーンに取って代わられる?

そもそも銀行とは、国民の信頼で成り立っています。

その分、銀行はシステムの安全性への投資や国家の法律によってガチガチに守られてます。銀行員はそこにあるお金を横領なんて決して出来ませんし、万が一銀行が潰れても預金保護でお金が返ってきたりします。

でも、お金の量や価値は銀行の背後にある国家によって全てコントロールされていて、その信頼を利用して僕たちもコントロールされているのです。

で、今回ネット上に管理者不在で個人間でお金を安全に流通させることを可能と示したものがブロックチェーンという技術です。

つまり、銀行抜きにして信頼が作れるんですね。

ブロックチェーンが世の中の主役になるにはまだまだ先でしょうが、仮想通貨に応用されているブロックチェーンはまだ「ブロックチェーン1.0」の段階で、これからは金融分野だったりその他の非金融分野へと応用が広がることが予想されてますね。

ブロックチェーンを理解しておけば次のビジネスの機会をつかむことも容易になるかもしれません。ブロックチェーンはまだまだこれからなんです。未来を先取りしておきましょう。

ブロックチェーンの仕組み

ブロックチェーンという言い方をしたり分散台帳技術という言い方をされたりしますが、それは「取引ブロックをチェーンで繋げて管理する」と言うか「台帳を分散型で管理する」と言うかといった言葉のニュアンスの違いです。

まず、以下で解説するブロックチェーンは、初めにビットコインをベースに使われていた「オリジナルブロックチェーン」についてです。ここがややこしいところで、すでにオリジナルブロックチェーンからどんどん進化していているんですよね。なので「ブロックチェーン」とは言っても非常に広義です。

これらをまとめて「ブロックチェーン技術」と呼んでいるので混乱してしまいますが、まずはベーシックなオリジナルブロックチェーンについてを見ていきます。

とはいっても、ブロックチェーンについてを全て解説していると、本1冊くらいのボリュームになってしまうので、

  • 中央管理者を不在にするデータベース
  • 不正が事実上不可能な仕組み
  • コストが抑えられる

の大事なポイント3つを中心に解説していきます

中央集権型と分散型という概念

ビットコインがベースのオリジナル・ブロックチェーンでは、国家に依存せず動き続ける分散型の仕組みなのですが、中央のサーバーに依存せず個人の端末間で対等に通信するP2P(peer to peer)ネットワークによってそれはもたらされます。

ここをP2Pではなくてどっかの一つのサーバーで管理しちゃうと、今までの中央集権型の通貨と変わらなくなってしまいますからね。
分散台帳技術とも呼ばれるブロックチェーン技術では、データベースが一部に集まっているのでなくて個々がそれぞれ台帳を持ってます。

そのように「中央集権ではなく分散型」というのがブロックチェーン(オリジナル)の根幹にあり、ブロックチェーンではデータベースをみんなで共有して参加者間で合意さえ得れば、その取引内容の一貫性を確保できるということです。

分散されたデータをそれぞれが管理しているので、どこか1箇所が攻撃されても、他の参加者のコンピューターが動いていれば誰も止めることができません。

ビットコインはもう誰にも止められないのですが、まさにそれがブロックチェーンの特徴です。

しかし、上述した通り、ブロックチェーンは必ずしも分散されたものではなく、クローズドの中央集権型で特定の参加者のみで応用されるケースもあります。仮想通貨以外で応用される金融分野などではクローズド型のブロックチェーンとなるでしょう。

例えば、リップルが開発する「xCurrent」は非中央集権型ではなくリップル社が管理者となる中央集権型で、クローズド型のブロックチェーンとなります。

オープン型 クローズド型
取引の参加者 誰でも可能 特定の範囲のみで可能
中央管理者 なし あり
利用例 ビットコインのような仮想通貨 金融分野での実証実験など

このクローズド型はビットコインをはじめとする仮想通貨のようなオープン型とは違って誰もが自由に参加出来る訳ではなく、承認や許可が必要だったりします。

金融分野での応用は、ある一定の組織がプライベートなブロックチェーンを管理し実証実験など取り組んでいますが、これは安全性や信頼性を絶対的に大事にしているからです。金融分野で一度でもしくじると、名高る金融機関の名が汚れてしまいますからね。

このようにブロックチェーンといってもたくさん種類があってわけがわからなくなりますが、ブロックチェーンの中にも「管理者が存在しないものと存在するものがある」ということを頭に入れておきましょう。

中央管理者不在でも動き続ける仕組み

さて、オープン型であるオリジナルブロックチェーンに話を戻しますが、オリジナルブロックチェーンでは、

①記録した内容を誰も否定出来ないように保存すること。
②正確な内容を誰でも確認できるようにすること。

を中央管理者不在でやってくれます。

「分散タイムスタンプ」という表現もされていて、過去の出来事やその時刻を証明するものってイメージです。

ブロックチェーンでは、いくつかの取引のまとまりをブロックと呼び、そのブロック内の取引に不正がないことが確認出来ると、それがチェーンで繋がれ次のブロックが作られます。

ブロックとブロックをチェーンで繋いで記録されて取引の正しい証明がされていくのですが、過去の取引も全てが繋がれているんですね。
よって取引のデータはネットワークへ参加している人全員が持っており、全員で共有することで整合性を保ってます。

じゃあ、個人間でどうやって不正出来ないようにするのでしょう?

管理者不在のブロックチェーン・プロトコルでは、第三者が取引を承認する手続きを行うのですが、それがマイニングという発掘作業です。
マイニングは第三者がコンピューターに莫大な投資をして取引を承認するための数学パズルを解きます。

なぜ、他人の取引に大きなコンピューターを使ってそんな面倒な事をするのかというと、たくさんのマイニング参加者から最初にその数学パズルを解いた人には、見事に報酬が与えられるからです。ビットコインの場合は新たにBTCが発行されそれが報酬となります。

つまり、マイナー達は通貨発行益を勝ち取ろうというインセンティブが働くこととなります。そのようにブロクチェーンの不正行為を防ぐために働くマイナー達によって、データベースは守られるのです。

実際にマイニングを報酬の為に大手の日本企業がコンピューターに投資してやってくれるわけですが、本当に儲かってるのかは知りません。

このように、取引を承認していく一連の流れを「プルーフ・オブ・ワーク」と呼びますが、この辺りはまた別で解説します。

ブロックチェーンは改ざんすることが極めて困難

ブロックチェーンでは取引のデータを改ざんする事が極めて困難です。

「極めて」という言い方をしているのは100%ではなく、ほんのわずかな可能性で改ざんされる事があるからです。
しかし、現実的に改ざんは不可能といって良いでしょう。

ブロックチェーンは、取引データが更新された時に前のブロックのデータも全て変わってしまうのですが、ここで用いられるデータを「ハッシュ値」と言います。

この辺りは複雑なのですが、大まかに言うと不正をしようと思ったら、過去に繋いできたブロック全てのマイニング作業を1からしないといけないってことです。

それはある取引データを一部変更するだけで、過去のブロックのハッシュ値が変わってしまうからです。

雰囲気で何となく掴めると思いますが、プロのマイニング業者がしのぎを削って採掘し続けているところで、1からマイニングをして新規ブロックの生成まで追い付くのは超厳しいです。

他にも「世界にいるマイナー全員に不正を呼びかける」もしくは「全体の51%以上のマイニングシェアを独占する」など不正をする為の方法は考えられますが、これもあまり現実的ではないでしょう。

結局そんな悪の組織達で固めて不正で儲けようと思っても、悪いマイナー達がマイニングシェアを独占していると、そのブロックチェーンに対する信用がなくなり価値も下がってしまうのであまりメリットがありません。

結局はちゃんとルールに従ってマイニングをした方が儲かるようになるのです。

コストが圧倒的に下がる

ブロックチェーンは中央集権が不在で仲介者がいないので、その分コストが下がります。ビットコインなどは直接取引なので銀行の懐に多額の送金コストを納めずに済むのです。

しかし、最も注目されているのは金融分野での応用によるコスト削減です。

金融機関は取引や顧客の情報を1つのデータベースで管理しており、既存の証券会社や銀行はちょっとしたトラブルでも涼しげに対応してくれるので不便ではありませんが、セキュリティに莫大な投資をしていて、それのコストが利用者の僕達に直接関わったりしています。

しかし、ブロックチェーン技術では「分散台帳技術」という字のごとく、台帳が分散されているので一つのデータベースを維持してく必要がなくなるのです。

よって、金融機関がブロックチェーン技術を取り入れれば、コストが安くなり人員も削減できるので、僕達に対するサービスも安く受けられるようになるわけですね。

さいごに

以上、まだまだ説明足りない所もありますが、本来は書籍の一冊や二冊軽く読んでおいた方が良いでしょう。

これから億り人になる為に、まずはブロックチェーンの理解は必要不可欠です。ビットコインを考案したサトシ・ナカモトのこの理論を雰囲気だけ感じて読み流し、儲け話だけに食いつくのは今後危険になっていくでしょう。

世界が変わる系の仮想通貨やICOプロジェクトも、根底にあるのは全てブロックチェーン技術ですからね。

まあ、詐欺の場合も多々ありますが。

これからどんどん仮想通貨で人生逃げ切りたい人達のリテラシーが上がってくるので、良い銘柄と悪い銘柄の精査がされていくでしょうね。雰囲気だけで投資するフェーズは終わってしまいそうです。

驚異の手数料マイナス0.01%「Zaif」で取引しよう。

◾️ 取引手数料マイナス0.01%を実現
◾️ 板取引でXEMやETHが割安で購入可能
◾️ 仮想通貨交換業者登録済み
◾️ 積立投資が可能

日本円で仮想通貨を購入するなら主要通貨を板取引できる「Zaif」がベスト。独自の積立投資機能で複利効果を狙おう。

おすすめの記事