どうも、りゅうけんです。

今回は、DMMビットコイン(DMMBitcoin)のメリット・デメリット、評判、登録手順を説明していきます。

DMMビットコインは現物取引できる銘柄BTC、ETHのみと少ないんですが、国内でレバレッジ取引(いわゆるFX)が最も多くの銘柄で可能。その辺りにもフォーカスを当てていきます!

 

いますぐ登録したい方はこちら

 

DMMビットコイン(DMMBitcoin)とは?

まずはDMMの概要です!

DMMビットコイン(DMMBitcoin)の会社概要

会社名:株式会社 DMM Bitcoin
住所:東京都中央区日本橋2-7-1東京日本橋タワー10階
設立:2016年11月7日
代表取締役:田口 仁
資本金:12億9000万円

DMMはご存知かと思います。総合コンテンツ企業であり、グループにFXや証券企業も持つ大手企業です。

もともと別会社が「東京ビットコイン取引所」として運営していたものをDMMグループが子会社化して「株式会社DMM Bitcoin」としてスタートしました。

すでに仮想通貨交換業者として登録されて認可済みであったり、イメージモデルにタレントのローラさんを起用していたり、渋谷のスクランブル交差点に広告を出しているため、かなり注目を集めています。

 

DMMビットコイン(DMMBitcoin)が取り扱う仮想通貨(銘柄)

現在DMMビットコインが取り扱っている仮想通貨は以下の7種類。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ネム(NEM)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • イーサクラシック(ETC)
  • ビットコインキャッシュ(BCC)

 

ビットコインと6種類のアルトコインです。銘柄自体は他の国内取引所でも扱っているようなものばかりですが、DMMビットコインの魅力はこの全ての銘柄でレバレッジ取引*ができるということ。

特にリップル(XRP)がレバレッジ取引できるのは国内でDMMビットコインだけ。

※ビットコインとイーサム以外の5つの仮想通貨は現物取引ができない

レバレッジ取引とは?
レバレッジ取引とはいわゆるFX。少ない資金でその何倍もの大きな金額の取引が可能。例えば手持ちには5万円しかないけど、その5万円を証拠金として預け入れることで、5万円の5倍の額、すなわち25万円のお金を使って取引ができる。

リスクは大きいが、大きく資産を増やせる可能性がある。 ※DMMビットコインのレバレッジは最大5倍

DMMビットコイン(DMMBitcoin)のメリット

DMMビットコインを使うメリットは以下の3点。

  • BTC以外のアルトコイン6種類でもレバレッジ取引ができる
  • 手数料がほぼ無料とかなりお得
  • スマホアプリが使いやすいので便利

 

一つずつ説明していきます。

メリット①BTC以外のアルトコイン6種類でもレバレッジ取引ができる(レバレッジ最大5倍)

これこそ、DMMビットコインの1番の魅力です。

正直なところ、仮想通貨でFXはかなり難易度は高いです。

仮想通貨はまだ黎明期で、各国政府による取引所規制や、ハッカーによる大規模盗難被害など、外部的な要因で大きく価格を変動させる可能性が非常に高く、チャートを理論的に分析して売買を行っていても、突如その理論が通用しなくなることが多々あるからです。

言ってしまえば、グラグラのテーブルの上で一輪車乗ってるような感じ。まさに不安定の極み。

まあ、コインチェックショックみたいな大きな事件があった時は大抵チャートは下げ相場になるので、その時を狙って、ショート(売りポジション)を入れて大きく稼ぐなど、ピンポイントの使い方ができるのは魅力なので、DMMビットコインを使いこなせるようになっておくに越したことはありません。

特に、アルトコインは底を打ってからの上げ幅めちゃくちゃ大きいので、暴落からのロング(買いポジション)で相当利幅取れます。これはまた別の記事で。

ポイント
いままでアルトコインは「安いところで買って高くなったら売る」という戦略のみだったが、レバレッジ取引によって「高いところで売って、安いところで買い戻す」という戦略も可能になった。ただし、ピンポイントでの使用がおすすめ!

 

メリット②手数料がほぼ無料とかなりお得

Zaifなどをはじめ、取引手数料が無料というのは他の取引所でも時々あることですが、DMMビットコインの入金手数料も出金手数料も無料というのは稀。

取引所によっては出金手数料だけで700円以上かかったりしますからね。こまめにお金の出し入れをする方にはかなりお得です!

ちなみにレバレッジ取引での手数料はかかってしまいます。ですがレバレッジ手数料は国内の別の取引所のレバレッジ取引の手数料とほぼ変わりません。

メリット③スマホアプリが使いやすいので便利

DMMビットコインのスマホアプリはシンプルで、直感的に操作できるためかなり使いやすいです。さすがはDMMと言ったところ!

スマホ1つで仮想通貨の取引を行えるのはかなり大きなメリットと言えますよね!

 

DMMビットコイン(DMMBitcoin)のデメリット

続いてDMMビットコインのデメリットについて。

  • 現物取引の取扱い通貨が少ない
  • 現物取引のスプレッドが大きい

 

デメリット①現物取引できるのはビットコイン・イーサリアムのみ

DMMビットコインはふつうに取引できる現物銘柄がビットコインとイーサリアムの2種類しかありません。

現物取引・通貨ペア
BTC/JPY
ETH/JPY
ETH/BTC

国内の取引所は全般的に取り扱っている仮想通貨が少なめなので、伸び代のある銘柄を保有したいという人はBINANCEがおすすめです。

広告戦略も優秀で勢いがすごく、開設から6ヵ月で出来高世界一を達成、取り扱い通貨も100種類以上網羅しているのが特徴です。

デメリット②現物取引のスプレッドが大きい

DMMビットコインは現物取引の手数料がすべて無料なので「全部お得なのか!」と思いがちなのですが、DMMビットコインは厳密には「取引所」ではなく「販売所」であるためスプレッドが大きめに設定されています。

簡単に言うと、DMMビットコインがあらかじめビットコインやイーサリアムを市場から買っておいたものを、マージン分を上乗せた価格で売ってるということです。実質、手数料っちゃ手数料なんですが、一応「スプレッド」として区別されてるものなのです。

スプレッド例

スプレッドとは、取引所が設定している購入価格・売却価格と相場との差(ずれ)

例)

ビットコインを買いたい場合、1BTCあたり967,056円が必要
ビットコインを売りたい場合、928,056円でしか売れない

以上、DMMビットコインの概要とメリット・デメリットでした。

レバレッジ取引ができる点からDMMビットコインは登録しておくことをおすすめします!登録自体は1分ほどでできますので、ぜひ早速登録してみてください。

 

以下ではDMMビットコインの登録手順の解説です。「先に登録手順を見ておきたい」や「わからない箇所があった」という場合にご活用ください!
 

DMMビットコイン(DMMBitcoin)の登録手順

DMMビットコインの登録方法をご説明します!

登録自体は簡単にできますが、少し注意する点もあるので、以下の説明を読みながら登録を進めてみてください。

まずはDMMビットコインの公式サイトへアクセスします。
詳細はこちら(公式サイトへ)

 

公式サイトへアクセスすると以下のページが表示されます。早速登録をしていきます。

「まずはメール登録!」をクリックします。

メールアドレスを入力して「送信する」をクリックします。

登録したアドレス宛にすぐにメールが届きます。メールに載っているリンクをクリックします。

ここで今後使うパスワードの設定をします。設定したら「送信する」をクリックします。

ここまでで仮登録が完了です!引き続き本登録をしていきます。「マイページにログイン」をクリックし、メールアドレスかお客様番号とパスワードを入力して「送信する」をクリックします。

 

31項目の質疑応答に答えて「申し込む」をクリックします。

※1:本人確認で免許証等が必要になるので先にご用意ください
※2:このあとSMSでの確認がありますので電話番号はスマホのものを入力しましょう

問題なければ以下の画面に移ります。

 

次に「マイページTOPへ(トップページに戻る)」をクリックすると電話番号承認をしてください、と表示されています。

まず「コードを発行する」で登録した電話番号宛にSMSが届きます。すぐにSMSが届きますので、そこに載っている6桁の認証コードを入力し「認証する」をクリックします。

これまでで、あとは郵送された認証コード承認をおこなえば本登録完了です!

ちなみにSMSの認証まで完了したら最初に登録したメールアドレス宛に以下のようなメールが届きます。

 

まとめ

DMMビットコインは取引銘柄は多くはありませんが、レバレッジ取引(FX)なら最も多くの銘柄でできます。

取引所規制やコインチェックショックみたいな大きな事件があった時は大抵チャートは下げ相場になります。その時を狙って、ショート(売りポジション)を入れるなど、ピンポイントの使い方ができる点は非常におすすめです。

以上、DMMビットコインの概要から登録手順の解説でした。

 

おすすめの記事