どうも、りゅうけんです。

今、仮想通貨の取引手数料を破壊的に安くして、少額の支払いを可能にする「ライトニングネットワーク」という技術に注目が集まっています。

まさにこのライトニングネットワークは既存のWEBビジネスのモデルが変える可能性がある期待のソリューション技術なんですね。

以下、その特徴と将来性について解説していきます。

ライトニングネットワークとは?

ライトニングネットワークとは、少額の支払いを可能にし、現在問題視されているビットコインなどの送金遅延を改善する技術のことです。

今までは1円未満単位の決済って難しかったと思うのですが、この技術を使えば1円未満のミリ単位で決済ができるようになります。

ビットコインは最小単位が0.00000001BTCと、超少額の単位まで決済を行うことができますが、既存の決済だと少額でも送金手数料が掛かってしまうので実用的であるとは言えません。

ビットコインで1円以下の送金をして10円の手数料が掛かっちゃうんじゃマイナスですからね。

しかし、これらがライトニングネットワークによって解決できるようになります。

ライトニングネットワークの特徴と仕組み

ライトニングネットワークのその仕組みはブロックチェーンとは違ったネットワークで通信をするものであり、それは全く別の世界です。

ブロックチェーンの世界の上位にライトニングネットワークの世界があるようなイメージ。(上位レイヤーと言ったりします)

下記図のように、ブロックチェーン上の取引の間で多段階の支払いを行います。

このように、A-D間の取引の上でA-B、B-C、C-D間でも支払いの流通経路を作り、その中継の支払い経路を通じて最終目的地であるDへの送金を完了させることができるんですね。この中継地点となるノードには予めある程度の金額をデポジットしておく必要があります。

そして、ライトニングネットワークはブロックチェーンとは別世界なので、マイナーに払う手数料が発生しません。

なのでAからD間の経由で手数料を無料にしてミリ単位のトランザクションができるのです。

なお、このライトニングネットワークが実際に世界で通信されている様子がこちらで確認できます。

トラストレスで送金ができるオフチェーンとは

このように、本来のブロックチェーンとは違った外部環境で取引の処理をすることを「オフチェーン」と呼びます。

ライトニングネットワークはオフチェーン上で行われるんですね。

そしてこのオフチェーンもビットコインのブロックチェーン同様に中央管理者不在でトラストレスな取引をすることができます。

元のブロックチェーン上で取引をする場合はブロックサイズの容量が決まっていて、それをオーバーしてしまう「スケーリング問題」というのがあるんですが、このオフチェーンではそもそもブロックチェーンとは別世界で処理されるのでその問題を解決できます。

これの活用例がbitFlyerが提供する「bitwire」で、これによってアカウント同士が瞬時に手数料無料で送金をすることができます。

ライトニングネットワークの問題点

ライトニングネットワークは中央管理者不在でトラストレスと説明しましたが、実質は中央集権化が避けられないという問題点があります。

ライトニングネットワーク上では、オフチェーンの間でネットワークを構築する中継ノードを置く必要があります。

中継ノードを通って資金が運ばれるんですが、中継ノードにはある程度の金額をデポジットしておかなくてはならないため、

上でも述べたbitFlyerのような資金力のある取引業者しか中継ノードになれないんですよね。

取引所のような業者にはライトニングネットワークを利用して迅速に資金移動ができるサービスを提供するインセンティブがあっていいんですが、ある種の中央集権になってしまう可能性があり、分散型というビットコインの思想から外れてしまうのが懸念点なのです。

ご覧の通り下記の図のように、実際に支払いチャネルの中継点に大きなハブ型のネットワークがいくつもできています。

引用:https://explorer.acinq.co/#/

マイクロペイメントが経済を変える説

では、ライトニングネットワークは僕達の経済を今後どのように変えていくかについて見ていきます。

僕がこのライトニングネットワークで特に期待しているのがマイクロペイメントによる新しい経済なんですよね。

このマイクロペイメントには既存のビジネスの在り方を大きく変える可能性があるんです。

少額の支払いが可能になる分、今まで技術的に集められなかったユーザーからの「提供する価値に対する小さな金銭的対価」を集めることができるようになります。

WEBサイトや動画コンテンツでのマイクロペイメントの活用

今やインターネットベースでのビジネスってほとんどが広告収入で、YouTubeやブログなんかのほとんどが広告によって成り立ってます。

ですが、それを閲覧する僕達にとっては意図しない広告とか出されるわけじゃないですか。アドセンス広告って完全にUXを損なってると思うんですよ。

それは運営者にとってもユーザーにとってもマイナスなわけです。

今は広告主から支払われる運営側の広告収入のお陰でWEBの情報は無料ということが当たり前になってはいますが、その代わりたくさん広告を見せられてしまいます。

しかし、マイクロペイメントが普及すれば広告の代わりにユーザーから記事単位でミリ単位でダイレクトで少額課金してもらうことができるんです。

今までは0.1円を都度何千回に渡って受け取るなんてことが技術的に不可能でした。

noteのようにまとまった月単位での継続課金だったり100円単位で課金してもらったりする方法はありましたが、マイクロペイメントによってもっと細かい数字のお金が流れるようになります。

そしてマイクロペイメントによってコンテンツから0.001~0.1円などをユーザーから課金してもらう方法にすれば、サイトの運営側は記事の質を高めてPVを上げるというインセンティブが生まれるわけです。

これが物理的にモノを売る場合は、いくら手数料が低くて迅速に決済できたとしても物流コストがかかっちゃうじゃないですか。

しかし情報発信にそのようなコストは掛からないので、WEBサイトでの情報発信はこのマイクロペイメントと親和性があり、ミリ単位の価値の対価をユーザーから受け取ることが可能になります。

SNSでのマイクロペイメントの応用

なお、これをWEBサイト以外にSNSなんかで応用しても面白いと思ってます。

例えば、Twitterでいう「リツイート」や「いいね」みたいなものを投げ銭感覚で送金できるようにすれば面白いかなと。

これも、すごくマイクロペイメントとマッチしてると思うんですよ。

リツイートやいいねをもらう度に0.1円がアカウントに送金されるとか。

今のSNSでいいねやリツイートを稼ぎ出すインセンティブって、集客や個人のブランディング以外にそこまでないじゃないですか。

でもこれによって本来はある特定のコミュニティで影響力を持っていたり、専門分野に詳しい人達がSNSでマネタイズできるようになります。

今は仕組み上どれだけリツイートを稼いでも個人がそれでマネタイズすることはできませんでしたが、良い投稿をしたユーザーに対して投げ銭形式でマイクロペイメントすることで、小さなお金が行き交う経済圏が作れるかもしれません。それはまさに、マイクロエコノミーです。

これの実現に関してはまだ課題があったりしますが、ブロックチェーンSNS「ALIS」のように、信頼される個人がどんどん活躍できるインフラが作られてもおかしくないでしょうね。

さいごに:個人をミリ単位で数値化するマイクロペイメント

この革新的技術が実装されるようになった時、個人がどんどんとエンパワーメントされていき、個人の可能性はどんどん広がっていくと思っています。

別に影響力のある何者かにならなくても、マイクロペイメントが実装されたQ&Aサイトなんかで回答してあげれば即座に課金してもらえたりするでしょうし。

そもそもお金は「価値の交換」の役割を担います。

それが1円であっても、0.1円であっても価値交換であることに違いはないわけですよ。

ただ技術的にミリ単位の価値交換が不可能だっただけで。

仮想通貨は、単に投機で終わらせるのにはもったいない程に可能性があると思ってます。

どんどんインフラが整って、個人が本来持ってる価値をミリ単位で数値化できるようになりますからね。

世界最高水準のセキュリティ。「bitFlyer」で取引しよう。

◾️ 世界最高のセキュリティレベル
◾️ 直感的な操作で取引を可能とするUI
◾️ 自動システムトレードを実現する豊富なAPI
◾️ 最大15倍のレバレッジ取引

初心者から玄人まで、様々なユースケースに対応した国内最大規模の取引所「bitFlyer」。僕がまずはじめに口座開設した取引所でもあります。

おすすめの記事