どうも、りゅうけんです。

マイナス手数料を導入しており、国内ではかなり人気の高い取引所であるZaif(ザイフ)。今回は、取引所としてのZaifの魅力、登録から入金手順までを説明していきます。

 

いますぐ登録したい方はこちら

 

Zaif(ザイフ)ってどんな取引所?特徴は?

Zaifはテックビューロ株式会社が運営する仮想通貨の取引所であり、仮想通貨交換業者としての登録も完了している正式な仮想通貨交換所です。一定の信用は担保されていますね。

>>仮想通貨交換業者登録一覧はこちら(金融庁のHPへ)

ちなみにハッキングをされて大ニュースになったCoinCheck(コインチェック)は仮想通貨交換業者としての登録がありませんでした。

Zaif(ザイフ)の特徴は?

Zaifはビットフライヤーとコインチェックに並んで、仮想通貨の国内3大取引所の一つです。

国内3大取引所
ビットフライヤー

ビットフライヤーは国内最大かつセキュリティレベルが世界最高水準なのが特徴であり、コインチェックは使いやすく取扱銘柄が多いのが特徴です。それに対してZaifは「取引手数料が安いかつ積立投資ができる」のが大きな特徴です。

ちなみに実際のところは取引手数料が安いどころかむしろマイナスになっており、取引する側の僕らが得をする仕組みになっています。これだけ聞くと「大丈夫な取引所なの?」と思いますが、ちゃんとした理由があるので合わせて説明します。

Zaifとその他の取引所の違いは?

国内3大取引所であるビットフライヤーとコインチェックとの違いを見ていきます。

スマホのキャリアにソフトバンクやauやドコモがあり、それぞれのプランや特典などが違うように、取引所も少しずつですが特徴に違いがあります。

Zaif bitflyer CoinCheck
資本金 8億3013万円 41億218万円 9200万円
入金手数料 銀行の振込手数料は自己負担 銀行の振込手数料は自己負担 銀行の振込手数料は自己負担
出金手数料 350円(50万未満)
756円(50万以上)
三井住友銀行に出金
216円(3万未満)
432円(3万以上)三井住友以外に出金
540円(3万未満)
756円(3万以上)
一律400円
販売所での取引手数料 -0.01%* 無料
取引所での取引手数料 -0.01%* 0.15% 0%(2018年2月現在)
ビットコイン送金手数料 0.0001btc以上 0.0004 BTC 0.0005 BTC
仮想通貨の種類 15種類 6種類 13種類

※Zaifではビットコインを取引した金額の0.01~0.05%を受け取ることができるため手数料マイナス

ご覧の通り、取引所によって差異があります。「どこを選べばいいの!?」というところですが、それはどのように仮想通貨と関わっていきたいかによって変わるでしょう。

ちなみに仮想通貨初心者であり「まずは安心感がほしい」「人気のある取引所が良い」という場合はビットフライヤーもおすすめですよ。

Zaif(ザイフ)のメリット・デメリット

ではZaifのメリット・デメリットを他の取引所と比較しながらご説明します。

Zaif(ザイフ)を使うメリット

  • ネムコイン・モナコインなどを安く買える
  • 取引手数料が全銘柄で国内最安
  • 積立投資ができる
  • Zaifトークンが買える

Zaifのメリット①ネムコイン・モナコインなどを安く買える

そもそも仮想通貨を購入するときは「取引所」と「販売所」のうちのどちらかを利用しなければいけません。

販売所と取引所の違い
【販売所】:運営会社と仮想通貨売買をする場所取引所
【取引所】他のユーザーと仮想通貨売買をする場所

簡単に言うと、早く買いたいなら販売所で、安く買いたいなら取引所で買うという感じです。「ある仮想通貨を安く買いたい!」と思っても、取引所になければ販売所で高値で買うしかない...となるのは想像がつくと思います。

そこでZaifは、注目を浴びているビットコイン(BTC)、ネム(XEM/NEM)、モナコイン(MONA)、イーサリアム(ETH)、ビットコインキャッシュ(BCH)などを取引所で売買をすることができるんです。

特に「ネム・モナコインを安く買いたい!」というのであれば、断然Zaifがおすすめです。というか、他の国内取引所だと割高で買うハメになります。

Zaifのメリット②取引手数料が全銘柄で国内最安

Zaifを使う一番のメリットはここでしょう。驚くことにZiafはビットコインとモナコインの現物取引の手数料が無料どころかマイナス0.01%です。つまり、売買すると手数料を取られるのではなく、むしろボーナスをもらうことができます。

100万円分のビットコインの取引をすると100円もらえるイメージです。数百円かもしれませんが、ふつうは手数料を取られるのに、もらえるのはお得ですよね!

ちなみに取引手数料をマイナスに設定しているのは以下のような考えがあるからだそうです。

弊社テックビューロ株式会社は、当初より数年間は利益なしにビットコインのインフラ整備に尽力するというビジネスプランが前提で、それに対する理解の元、著名ベンチャーキャピタルであるNTVPより多額の資金調達をしております。

引用:Zaif公式(→アフィリンク)

Zaifのメリット③積立投資ができる

毎日毎日チャートが気になってしまう・・・!という場合におすすめなのが「積立投資」です。

毎日チャートが気になってしまうのは仮想通貨の変動が激しいのが大きな原因です。昨日まで100万円だったビットコインが70万円になっていたりするのを見てると疲弊します。

なので「どのタイミング買えばよいのか?売ればよいのか?」と頭を悩ませることにもなります。

しかし積立投資であれば「毎日同じ金額を買い続ける」ことができるので、予算が30万円なら、それを一度に使うのではなく「毎日1万円ずつビットコインを買う」ことができ、チャートに惑わされることが激減します。

仮想通貨を持ちたいけどチャートに縛られるのが嫌だ、という場合にかなり大きなメリットになることと思います!

ちなみにZaifでは積立投資は以下のように解説されています。

「ビットコインに興味はあるし買ってみたいけど、取引所でのやりとりはめんどう、売買のタイミングもわからない」 「暗号通貨に将来性を感じるので、金やプラチナのように積立したい」などの希望を叶えるのがZaifコイン積立です。

Zaifコイン積立ではお客様の銀行口座から毎月固定額を自動引き落としさせて頂き、ご希望の金額を積み立てすることができます。

毎月27日に引き落とさせて頂き、翌月10日~翌々月9日まで、1日毎にご指定の暗号通貨を買付け、積み立てを行っていきます。

もちろん買付けは自動的に行われるため、買い付けのタイミングをはかったり取引所の注文を管理したりという手間はいっさいかかりません。

引用:Zaif

Zaifのメリット④Zaifトークンが買える

Zaifでは仮想通貨だけではなく、ブロックチェーン技術を使って発行した独自のコイン「Zaifトークン」を取り扱っています。

「トークンってなに?」という方のために仮想通貨との違いをサクッと。

仮想通貨とトークンの違い
仮想通貨
→新規のブロックチェーン技術上で使われる基軸通貨トークン
→既存のブロックチェーン技術を利用して発行されるもの

このZaifトークンは発行された当初は用途のないトークンとして発行されましたが、買いが殺到したことにより価格が高騰しました。

その後Zaifコインは、2017年10月2日〜11月6日までの間に、ブロックチェーン技術導入を支援するプラットフォームである「COMSA」の独自のコインであるのCMS(コムサ)トークンをかなりお得なレートで買えるキャンペーンが行ったことにより、さらに注目を浴びました。

現在はこのキャンペーンも終了しており、Zaifトークンの使い道がそれほどないのが現状ですが、価格が今でも上がっているのが面白いところです!

Zaifユーザーが「ZaifがZaifトークンをこのままにしておくはずがない!」とZaifの将来性に期待している証拠でしょう!
※ZaifトークンはZaifでのみ買うことができます

Zaif(ザイフ)を使うデメリット

  • 本人確認書類の到着が遅い
  • 使いやすさやデザインがイマイチ

Zaifのデメリット①本人確認書類の到着が遅い

実際にZaifで、仮想通貨取引をするためには、口座開設の後に本人確認書類の提出をして、Zaif側に確認してもらう必要があります。

コインチェックやビットフライヤーは1週間もあれば本人確認が完了するのですが、Zaifは2週間から1か月程度かかってしまいます。

仮想通貨の世界では少しの遅れが大きな機会損失になってしまうこともあります。なので、Zaifだけではなく、本人確認がすぐにできるビットフライヤーなども合わせて登録しておくことをおすすめします。

Zaifのデメリット②使いやすさやデザインがイマイチ

PCで使っている限りは、不便さは特に感じないのですが、スマホ用アプリが使いづらいというユーザーの声をよく聞きます。

また、PCを使ったり、積み立てをする場合はとくにスマホアプリを使わないので気にならないかもしれませんが、スマホでこまめにチャートを見たい場合は少し不便かもしれません。

Zaif(ザイフ)の登録方法

それではBINANCEの登録手順〜入金方法までをご説明します。

Zaif(ザイフ)のアカウント作成

まずはZaifの公式ホームページにアクセスします。剛力彩芽さんがかなり目立っているトップページです!笑

 
まずは登録から。

 

早速メールアドレスを入力し「無料登録へ」をクリックします。

そうするとすぐに入力したメールアドレスに以下のようなメールが届きますので確認します。

このメールにあるURLをクリックすることでZaifの登録を進めることができます。
※メールを受信して24時間で無効リンクとなるのでご注意ください

メールのURLをクリックすると以下のページに移りますので、利用規約・重要事項説明への同意・登録したメールアドレス入力・今後使うパスワード設定をします。全て完了したら「同意して登録」をクリックします。

※利用規約と重要事項説明は実際に読まないと登録に進めませんのでご注意ください

Zaif(ザイフ)の本人確認の手順

次は個人情報などの登録になります。名前、住所など必要事項を入力し、全て入力し終えたら「変更」をクリックします。

ここまでで個人情報などの登録は完了です。続いて本人確認をしていきます。

  • 運転免許
  • 在留カード
  • マイナンバーカード
  • 日本国パスポート・ビザ

のうちどれかで本人確認をします。ちなみに今回は運転免許証で進めていきます。

まずは運転免許証の表面と裏面の写真を「ファイルを選択」から選択します。そのあとに「アップロード」というボタンをクリックすることで正常にアップロードされます。

本人確認書類をアップロードできたら「本人確認の申請する」をクリックして完了です。

これで本人確認は完了です。正常に完了されると以下のような画面に移ります。

続いて二段階承認設定の登録です。不正アクセスなどを防ぐためにしっかり設定しておきましょう。

二段階承認設定の登録

二段階承認設定があることでZaifへのログインする時や出金をする時にパスワードに加えて「セキュリティーコード」を入力することで不正アクセスを防ぐことができます。

手順としては以下の通りです。

  • セキュリティをクリック
  • 二段階承認設定をクリック
  • アプリのダウンロード
  • QRコードの読み込み
  • 6桁の数字を入力
  • 確認をクリック

アプリのダウンロードは以下のURLからも可能です!
※クリックすると新しいタブでページが開かれるようになっています。

二段階承認アプリのダウンロード

以上、Zaifの登録手順でした!

世界最高水準のセキュリティ。「bitFlyer」で取引しよう。

◾️ 世界最高のセキュリティレベル
◾️ 直感的な操作で取引を可能とするUI
◾️ 自動システムトレードを実現する豊富なAPI
◾️ 最大15倍のレバレッジ取引

初心者から玄人まで、様々なユースケースに対応した国内最大規模の取引所「bitFlyer」。僕がまずはじめに口座開設した取引所でもあります。

おすすめの記事